イラストレーターの転職と志望動機

イラストレーター転職TOP >> イラストレーターの転職の基礎 >> イラストレーターの転職と志望動機

イラストレーターの転職と志望動機

イラストレーターの転職には、イラストレーター以外の職種からの転職と、これまでもイラストレーターだった人が職場を変える転職があります。前者でも、クリエイターなどの関連職種からの転向を希望している人と、全くの異業種からこの仕事を目指す人がいることでしょう。それぞれ、立場によって志望動機は異なりますね。

まず、一番多いと思われるのがクリエイティブ系の関連職種から転向してイラストレーターになりたいと思っている人です。美術系の大学や専門学校を出て、デザイン事務所などにグラフィックデザイナーとして就職した人などが考えられます。本来がイラストレーター希望だった人も多く、実績を積んだのでそろそろイラストを本業に、と考えたりするケースがよくあるようです。履歴書にはストレートに志望動機を書くとともに、グラフィックデザイナー時代にいかにイラストレーターを仕事にするための努力をしたかをアピールするのが大切です。

全くの異業種からの転職では、小さい頃から絵を描くのが大好きでイラストレーターになるのが夢だった人が多いのではないでしょうか。さまざまな理由で違う道を歩んでいたが、ずっとイラストも描き続けてきたし、やはり夢を捨てきれない、そんな熱意のある人がほとんどでしょう。イラストレーターにとっては実績も大切ですが、本人の実力が認められればイラストを仕事にすることは十分可能です。志望動機では率直に熱意を伝え、独学でもこれだけの力がある、趣味としてはかなり高度な活動をしてきた、などの強みを見せましょう。「前職でのこの経験なら活かせるのでは」と思えるものを、言葉にして用意しておけるとなおいいですね。

イラストレーターが別の企業へイラストレーターとして転職したいというのは、キャリアアップを図っての場合と職場への不満の場合、両方が考えられます。また、広告系の仕事をしていたが出版系の仕事に変わりたいというもの、そしてその逆もあるでしょう。ゲーム会社でイラストを担当していたが、会社の業績が落ちたため業績の良い会社に移りたい、という人もいることでしょう。

キャリアアップしたい、という理由はいいのですが、職場への不満は志望動機としては歓迎されない場合がほとんどです。自分と会社のマッチングが良くなかった、などと言葉を選び、ここでこそ力を発揮したい、という思いが伝わるようにしましょう。ジャンルを変えたいのであれば、その理由も具体的に伝えましょう。業績で選んだ会社の場合は、環境を変えたい理由を冷静に伝えつつ、チャレンジ意欲が旺盛であることをわかってもらえれば、好意的に受けとめられるはずです。

イラストレーターの転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2022 イラストレーターに強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.