イラストレーターの転職と資格

イラストレーター転職TOP >> イラストレーターの転職の基礎 >> イラストレーターの転職と資格

イラストレーターの転職と資格

イラストレーターとしての転職を考える場合、国家資格など特別に必要とされる資格はありません。採用に際しては、意欲や実務経験、また作品そのものを見て審査されることがほとんどです。イラストレーターになるのに資格そのものは必要ありませんが、不可欠な資質、能力やスキル、また、あれば有利なスキルというのはもちろんあります。

まず、豊かな感性があることや他人と違うオリジナリティの高いイラストが描けること、などは基本ですね。画力や色彩感覚も当然必要です。それから、イラストレーターは依頼主からのオファーの意図を正しく理解し、何度かの確認を経て、依頼主のイメージ通りに仕上げていくのが仕事ですので、コミュニケーション能力も外しては考えられません。

また、イラスト制作にコンピューターを使うことが多くなってきており、コンピューターや制作用のソフトが使えることも大切です。採用先がデザイン会社や広告会社の場合、まずはグラフィックデザイナーとして就職するパターンが多いのですが、こういった仕事ではAdobeのPhotoShop、Illustratorの基本スキルを求める会社も少なくありません。これらの認定試験というものも存在します。必ず必要というわけではありませんが、勉強を兼ねて受験してみてもいいでしょう。また、大々的に求めていなくても、MACを使える人を希望する会社もデザイン事務所を中心にあるようです。

ソーシャルゲームなどの制作会社では、現在、事業拡大やデザイン・イラスト部門の拡大のために、イラストレーターの人員増加を図るところが増えています。当然、即戦力が欲しいわけで、経験者を優遇しています。こうした求人で必須であったり歓迎されたりするスキルは、上記のPhotoShop、Illustratorを使ってのイラスト作成経験や、Web関連のDreamweaver、HTML、CSS、JavaScriptなどを使ってのデザインやWeb制作の経験です。またSAIなどのペイントツールを使用したイラスト制作経験を挙げる会社も多いです。

それから、イラストの投稿に特化したソーシャル・ネットワーキング・サービス(Pixivなど)で確認ができる形で、ポートフォリオを求める会社もありますので、このようなSNSを使えることもスキルと考えるべきかもしれません。この他、Webサイト制作の業務がある会社では、Web専門のグラフィックソフトであるFireworksを、 アニメーションや動画を制作する会社などに応募するときにはFlashなどの作成ソフトを、スムーズに使いこなせることがアピールできると有利です。

イラストレーターの転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2022 イラストレーターに強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.