イラストレーターの給料・年収

イラストレーター転職TOP >> イラストレーターの転職の基礎 >> イラストレーターの給料・年収

イラストレーターの給料・年収

イラストレーターの収入については、フリーか会社勤務かで分けて考える必要があります。

まずフリーランサーの場合、年収は100万円未満の人から上は1000万円以上まで、まさにピンキリ状態と言えます。ほんの一握りのイラストレーターだけが「儲かっている」というレベルで、多くは低所得者となっており、普通のサラリーマン並みの給料を得ている人は成功者と見られるくらい厳しい世界のようです。イラストの仕事では年に100万円くらいを稼ぐ人のゾーンが大きく、これでは生計を立てていけません。かなりの数の人がアルバイトなどをしながら暮らしています。カットイラストの最多価格帯が1000円〜5000円という現状を見れば、仕方ないのかもしれません。ただし、有名イラストレーターの中には1点数十万円を稼げる人もいます。フリーで軌道に乗るためにはコンテストへの出品や個展を開いたりして、多くの人に見てもらい、目にとまるよう、さまざまな活動をすることが大事なのですが、単価の低い仕事を多く抱えているために、その時間を捻出することさえ難しい人が多いのも実際のところです。

一方、デザイン制作会社などに勤務している人の年収は、初任給で250万円前後、全体のボリュームゾーンとしては300万〜500万円くらいです。また、出版と広告では単価がかなり違うと言われています。広告代理店勤務では企業の規模にもよりますが、だいたい500万〜600万円の年収が見込めます。

デザイン関連のプロダクションでイラストレーターが得る給料は、それほど低いわけではありません。しかし、イラストレーターは仕事時間が長いのが一般的で、サービス残業も多くなりがちであることを覚悟しなくてはいけません。通常、イラストを描いて終わり、という仕事はなく、複数回の修正依頼があります。描いた本人しかできない修正ですから、多忙であることを理由に断るのは難しいことです。そうしてどんどん増えていく残業時間があるために、時給として考えるとかなり安くなってしまうのです。

しかし、実績を積み多くの作品を手掛けていくうちに、自分の生み出したキャラクターなどの人気に火がつくという幸運が待っていることもあります。とりわけ、最近はオンラインゲームなどのアプリやコンテンツの開発が活況を見せていますので、こういった業界でチャンスが訪れることも夢ではありません。グッズメーカーからキャラクター使用の依頼がくれば、驚くほどの収入を得られることになる可能性もあります。そんな夢も持てる仕事だから定収入の今も頑張れる、という人も数多く存在します。

イラストレーターの転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2022 イラストレーターに強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.