イラストレーターの仕事内容

イラストレーター転職TOP >> イラストレーターの転職の基礎 >> イラストレーターの仕事内容

イラストレーターの仕事内容

イラストレーターは、依頼主の注文に沿ってイラストを描く仕事です。雑誌や書籍、ポスター、パンフレットといった印刷物やWebページなどに、挿絵やメインビジュアルとなるイラストを描くのが一般的なイラストレーター像です。近年はゲーム関連の制作会社を中心に、ゲームのキャラクターやアバターのイラストが描けるイラストレーターを募っている企業も増加しています。イラストは手描きである場合もありますが、パソコンの画像ソフトを使って描く場合もあり、こうしたデジタルの作品は増加傾向と言えます。いずれにしても、ただ絵がうまいだけでは不十分で、イラストレーターには依頼主からのどんな注文にも対応できるようにベースの描写力はもちろん、媒体やコーナーなどの求めるイメージに応じて描き分ける力が必要です。

依頼主は、多くは編集者やアートディレクターとなります。彼らは制作物の企画内容のイメージに合わせてイラストレーターを選びオファーを出すので、引き受けた直後の打ち合わせから仕事は始まります。「こういう文章の内容に合わせたものを」「こんなイメージの絵柄で」などと具体的なオーダーをもらってから、多くの場合、まずサンプルを提出します。依頼主はサンプルを見るとイメージがよりリアルになるので、もう少し細かいオーダーができるようになり、イラストレーターも仕事がしやすくなるのです。ここではお互いのイメージのすり合わせを念入りに行い、彩色方法や全体のタッチなど細部にわたって確認します。

その後、オーダーに沿って実際のイラストの制作に取り組みます。出来上がったら作品を納品するのですが、特にデジタルデータの場合はすんなりとOKが出ることは稀で、何度かの修正依頼を受けることになります。修正を加え、OKが出たら仕事は完了です。広告デザインの仕事では、ライターやグラフィックデザイナーと組み、チームで一つの製品を作り上げていくこともありますが、こういうスタイルの仕事ではスタート時でのイメージが途中から全く変わってしまう場合もあり、イラストレーターも手直しというよりもやり直しに近い修正を余儀なくされることがあります。

フリーのイラストレーターに関しては、営業活動も仕事のうちです。特に駆け出しの頃は、自分の作品をファイルしたものを持参して、出版社の編集部や編集プロダクションなどに売り込みに行くことが大事とされます。また、賞を取ると仕事をもらいやすくなるので、まめに公募に応募したり、コンペやコンテストに出品することを自分に課している人も多いです。個展やグループ展を開くのも人の目にとまる機会を増やすことにつながります。

イラストレーターの転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2022 イラストレーターに強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.