20代向けのイラストレーターの求人

イラストレーター転職TOP >> 条件別 >> 20代向けのイラストレーターの求人

20代向けのイラストレーターの求人

イラストレーターは年齢や性別は問われない仕事と言われますが、求人を見る限り20代という若さはメリットと考えていいでしょう。各企業がイラストレーターやグラフィックデザイナーの求人を出していますが、希望する年齢は20〜30代が多いようです。

応募する側としては、美術関係の大学や専門学校を出たものの、一旦は学んだこととは無関係な仕事に就き、その後、改めてイラストレーターを目指そうと思った人や、趣味で続けていたイラストを仕事にしたくなった人が多いようです。まだ若いうちに進路を修正しようということでしょうね。

20代という若さは、社会人としての経験は少ないものの、流行に敏感であり、若いターゲット層への発信力があるなど、イラストレーターにとって有利なポイントとなります。媒体にもよりますが、若い人ならではの感性を求めている会社が多いのも事実です。特にゲーム業界ではユーザーに近い年齢層のクリエイターの方が、よりニーズに沿った作品を作れると期待されることから20代の採用に積極的です。モバイルゲーム関連を中心に、キャラクターやアバターなどのデザインができる2Dデザイナーや3Dデザイナーのニーズが高まっています。CGなどで新しい技術をいち早く身に付けられることも、若い20代に期待されていることのひとつです。

また、20代で転職する人は転職歴も少ない人がほとんどです。初の転職である人も多く、「今度こそ新しい職場で活躍したい」という意欲が大変高い世代と言えます。前職でビジネスマナーなどをある程度は身に付けている一方、前職の社風に染まりきってはいないと考えられており、比較的早く会社の文化に馴染んでくれるのではないかと採用側は期待します。イラストレーターの仕事も職場によって内容が変わってきますから、前の会社のやり方をいつまでも引きずっている人は敬遠されるのです。柔軟で素直であるイメージが強いことは、20代の特権かもしれません。また、上の世代よりも時間的に自由度がある、体力もある、と思われており、残業や休日出勤の多い職場では歓迎されるようです。

そして、20代という若い人たちには「ポテンシャル」という強い武器があります。どこまで成長できるか、伸びしろや可能性を感じさせてくれる存在なのです。社会経験が浅い20代は、自信がない、まだ自分にできるかどうか不安、という局面に出合うことも多いでしょう。しかし、今だから失敗しても許される、挽回できる、と考えてどんどんチャレンジしたいものです。20代を積極採用している企業は、入社後にイラストレーターとして大きく成長してくれることを期待しています。

イラストレーターの転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2022 イラストレーターに強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.