40代向けのイラストレーターの求人

イラストレーター転職TOP >> 条件別 >> 40代向けのイラストレーターの求人

40代向けのイラストレーターの求人

イラストレーターとして企業で働いている人の平均年齢層は、30代〜40代です。この業界では、40代は稼ぎ頭的な存在と言えます。しかし、求人となると40代はなかなか厳しいのが実情です。よほどのベテランか有名な人が、ヘッドハンティング的に求められる場合を除き、どの企業もあえて40代を採用しようとは考えられないようです。

とは言え、中には40代の求人もあります。40代向けに特化した転職エージェントを中心に、求人を見つけることが可能です。オンラインショップを開設するメーカーがイラストの描けるデザイナーを募集していたり、商品開発をする部署でパッケージや販促物のデザインを任せる人を探していたりと、「年齢不問」とする求人では幅広い業種で活躍の機会が用意されているようです。

しかし、これは40代に限らずですが、イラストレーターという職種で募集をかけている企業は本当に稀です。イラストレーターとはフリーランサーで仕事をするという認識が一般的なのです。多くはグラフィックデザイナーとしてデザイン事務所や広告会社で数年の経験を積み、人脈を広げて、イラストレーターを本職とするようになります。

40代というのは、社会に出てリタイアするまでの折り返し地点と言える年代です。イラストレーターに年齢は関係ないとは言っても、夢を追うことのできるギリギリの年代だと考える人も多いでしょう。たった一度の人生を、好きな仕事をすることで輝かせたい、と思ってイラストレーターの道を目指し舵を切った人もいることでしょう。けれども40代の人が、学校を出たての人と同じように修行的にデザイン事務所に入ることはまず不可能である、ということを認識しておきましょう。

経験がある人であれば話は別です。採用側が見る40代の強みは、まずキャリアです。もちろん、豊富な職務経験があるというだけでは不十分で、即戦力として活躍できる専門的なスキルが備わっていることが大前提となります。ここに管理職の経験や後輩の育成に関わった経験があれば、さらにアピールポイントとなるでしょう。統率力、交渉力なども期待されるものとなります。ただ、下の世代よりも柔軟性に欠けると懸念されてもいるのも実情です。新しい職場でもすぐに順応できるタイプであることを強調した方が良いでしょう。人材バンクなどに登録し、キャリアコンサルタントのアドバイスを受けながら、自分にマッチする会社を探すという方法も良いのではないでしょうか。

イラストレーターの転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2022 イラストレーターに強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.