50代向けのイラストレーターの求人

イラストレーター転職TOP >> 条件別 >> 50代向けのイラストレーターの求人

50代向けのイラストレーターの求人

終身雇用や年齢給が一般的であった頃は、転職には「35歳限界説」がありました。新卒一括雇用が主流で、中途入社の求人という枠自体がごく限られていたからです。企業はできるだけ若い人を求めていました。それが、転職市場が活況を見せている現在では、もはや35歳が転職の限界だとは言われなくなっています。とは言え、現状を見るとやはり、いわゆる中高年の転職は難しいと言わざるを得ません。求職者が採用先に求めるポジションや年収が上がるため、企業側が敬遠するという事情もありますし、年齢が上がると企業側が求める能力や経験も高いものとなり、そこにマッチングしなければ採用してもらえない、という実情もあります。

年齢を重ねるほどに、再就職は厳しくなります。それはイラストレーターへの転職も同じであり、50代で企業のイラストレーターへの転職は非常に難しいと考えられます。50代になるまで企業内でイラストレーターをしてきた人であれば、そこを辞めるにあたってはフリーランサーとして独立するのが一般的のようです。これまでの実績と人脈をフルに活かせば、サラリーマン時代よりも稼ぐことも不可能ではありません。会社規定による定年というものを、全く気にせず仕事を続けることもできます。

たとえイラストレーターの経験があったとしても厳しい50代での転職です。実務未経験ではなおさら難しいでしょう。趣味のイラストを仕事にしたいと考えるようになったのであれば、企業内でのイラストレーターを目指すのではなく、他の仕事で生活を支えながら、フリーイラストレーターへの道を模索してはいかがでしょう。

そもそもフリーのイラストレーターになるのには年齢制限はありません。資格も免許もありません。極端な話、今日からでもイラストレーターを名乗ることは自由です。しかし、イラストを描くのを職業とするためには、描いたものが売れなくてはいけません。そこで、営業活動が必要になります。出版社や広告会社などに作品を持参し、売り込むことが基本です。Webサイトを開設し、作品集を載せてSNSなどで広く宣伝するのも良いでしょう。

ところで、イラストの仕事は、今はほとんどデジタルで進行します。パソコンで画像ソフトを使いこなす技術、データ入稿の知識など、デジタル関連に強くなければ辛い現状です。50代でもデジタルに強い人はいますが、そうでない人は勉強が必要となるでしょう。また、イラストレーターには発想の柔軟さも求められます。年齢が上がるとこのあたりも心配されるところですので、自分の作品について冷静に客観的に判断する目を持ちましょう。

イラストレーターの転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2022 イラストレーターに強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.