デザイン事務所のイラストレーターの求人

イラストレーター転職TOP >> 条件別 >> デザイン事務所のイラストレーターの求人

デザイン事務所のイラストレーターの求人

グラフィックデザインやWebデザインを扱うデザイン事務所では、イラストレーターという職種で求人をかけることはあまりありません。イラストレーターを目指している人がデザイン事務所に就職したい場合は、デザイナー、経験がなければアシスタントで採用されるというケースがほとんどです。

納期に合わせて仕事をこなす点、クライアントの要望に合ったものを作り上げていくプロセスなど、デザイナーの仕事にはイラストレーターの仕事と共通なところ、似ているところがあります。そこで、自分のやりたい方向と全く関係のない仕事をするよりも、イラストレーターに近いデザイナーとしてデザイン事務所で経験を積み、将来への手がかりとしたい、と考える人もたくさん存在するようです。また、デザイナー募集であっても「イラストが得意な方歓迎」といった求人も見受けられます。

デザイン事務所にもいろいろあります。雑誌やフリーペーパーが得意なところやパンフレットやチラシが得意なところ、新聞広告や電車の中吊り広告がメインであったり、ポスターやブランディング広告を中心に受注しているところなど、実にさまざまです。近年ではWebサイトを手掛けるところも増えてきました。それぞれのデザイン事務所によって、仕事の内容には大きな違いがあります。大規模なデザイン事務所であればいくつもの取引先からさまざまなデザインの依頼を受けますが、中小規模のデザイン事務所では通常、それぞれの得意分野を持ち少数精鋭で仕事をしています。また、社長がデザイナーであることも多いようです。

デザイン事務所に就職すると、必然的にクライアントとの接触があります。クライアントは主に広告代理店や出版社、Web制作会社などであり、企業の広告宣伝部であることも多いです。これらのクライアントとつながりが持てるのも、デザイン事務所で仕事をするメリットと言えます。将来イラストレーターとして独立したいのであれば、人脈を広げることを考えないわけにはいかないからです。デザイン事務所では、仕事を通して個人ではなかなかできないような勉強もできます。デザインの現場に身を置くことは、イラストが制作物全体の中でどのような働きをするのかがよく見えてきますし、仕事の流れもわかり、チームワークを通してコミュニケーション能力が育つことも期待できます。

デザイン事務所の求人は、正社員、契約社員、アルバイトなど、さまざまな形で転職エージェントを中心に見つけることができます。デザイン事務所に入ってまずはデザイナーからスタートし、イラストレーターを目指すという道も良いのではないでしょうか。

イラストレーターの転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2022 イラストレーターに強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.