出版社のイラストレーターの求人

イラストレーター転職TOP >> 条件別 >> 出版社のイラストレーターの求人

出版社のイラストレーターの求人

書籍や雑誌のページに挿絵やカットを描きたいと思うイラストレーター志望者は多いことでしょう。しかし、企業勤めのイラストレーターを目指すなら、出版社という選択は難しいと言わざるを得ません。出版社でイラストレーターという職種の求人を出すことは、まずないのです。フリーのイラストレーターへの外注、もしくはデザイン会社などにデザインと一括で外注するのが一般的です。

何故、出版社はイラストレーターを募集しないのか。それは、自社で社員としてイラストレーターを雇っておくのは、多様なイラストを必要とする出版社にとって適切とは言えないからです。作品のテイストが偏るリスクがありますし、そもそも一人の社員として雇うコストを考えても、外注の方が費用が抑えられます。

ですから、出版社で自分の描いたイラストを使ってもらいたい場合は、フリーの立場で売り込むという方法をとるのが普通です。事前に編集者にアポイントを取ってイラストを見てもらいたい旨を伝え、ポートフォリオを持参して訪問するのです。イラストの実力はもちろんのこと、ここで自分の絵を使ってほしいという熱意、そして「この人と仕事をしたい」と思ってもらえるコミュニケーション能力が必要となります。最初は門前払いも経験するかもしれません。会ってくれても断られることが多いでしょう。めげないこと、次の営業先へと素早く気持ちを向けられることなど、精神的な強さも必要ですね。

ところで、出版社の中にはホームページなどで常にイラストレーターを募集しているところもあります。しかし、この場合の募集は出版社と契約しているイラスト登録会社への登録を促すものがほとんどです。登録した作品の中から、出版する書籍などにふさわしいイラストを編集者が探しだし、その都度依頼するという形です。出版社としては限られた時間や予算の中で、求めるイラストがスピーディーに安価に得られるというメリットがあります。また、イラストレーターにとっても営業の選択肢として一定の価値があります。昔と違って、持ち込みは効率が悪いと考える編集者も増えているようです。

数は少ないですが、自社のホームページにエントリーのフォームを用意し、作品を募集している出版社もあります。応募した作品を審査し見込みがあると判断されると、出版社側から連絡が来るというスタイルです。出版業界でイラストレーターになりたいのであれば、こういった募集や、各社が企画するコンテストなどにもどんどん挑戦してみるといいですね。

イラストレーターの転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2022 イラストレーターに強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.