研修充実のイラストレーターの求人

イラストレーター転職TOP >> 条件別 >> 研修充実のイラストレーターの求人

研修充実のイラストレーターの求人

イラストレーターを募集している企業の中には、「事前研修あり」と謳っているところも多数あります。しかし、たとえ実務経験はなくてもイラストを描ける人が求人の対象ですので、イラストの研修をするところはほとんどないと考えられます。多くはその企業の中での仕事の流れやその企業が扱う案件についての説明、企業内システムの使い方、新卒者であれば社会人としてのビジネスマナーなどが、研修の内容となっています。

ただ、イラストレーターが活躍する職場はさまざまです。書籍や雑誌を作る編集プロダクションや広告代理店、デザイン事務所、企業の広報やWeb制作会社、ゲームやアニメの制作会社などが代表的ですが、それぞれ大手もあれば小さな会社もあり、一般に大手の方が研修制度は充実していると言えます。中には海外で開催されるブックフェアに参加するといった海外研修制度を設けている出版社もあります。

しかし、イラストレーターを募集している企業というのは、ほとんどが中小企業と呼ばれる会社であり、こうした企業の多くは大企業のように毎年、新卒採用を行っているわけではありません。事業拡大や退職者が出たときなどに中途採用をするところが多く、採用されるのは経験者がほとんどです。そういった会社では「研修」という概念そのものが薄いことがあります。一日も早く会社に慣れてもらい、力を発揮してもらうことが大事なので、上司や先輩によるさまざまなフォローが研修に代わるものとして行われている実態があります。

とは言え小さなプロダクションでも、研修があることを特徴に挙げている求人案件も存在します。アニメを制作するなど特殊なソフトを使う会社では、映像ソフトの使い方などを先輩社員がマンツーマンで教えてくれる、といった事前研修もあるようです。

気を付けたいのは「試用期間」と「研修期間」を間違えて使っている募集もあることです。従業員として通常の業務をしてもらいながら採用するかどうかを判断する期間が試用期間であり、業務を行うために必要な教育をするのが研修期間。研修では実際の業務を行わせません。労働契約前に働かせるのは、研修期間と言っていても実態は試用期間です。終了と同時に解雇の可能性も出てきますので、求人にある「研修期間」が正しい意味なのかどうかを確認しておきたいものです。

また、派遣会社などでもゲーム会社やアプリ制作会社、おもちゃや雑貨メーカーの商品開発部など幅広いジャンルの業界から求人がありますが、派遣社員には事前に簡単な研修を行ってから作業を担当してもらうケースが多いようです。

イラストレーターの転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2022 イラストレーターに強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.